60歳を越えて一人の生活をしていると、今日がクリスマスなんて忘れてました、一人ぼっちのクリスマスです、普通の日と何も変わらない、一日なのです。クリスマスの贈り物は、今シーズン最高の寒波の襲来です。外は吹雪いています。風が窓を叩き、台風並みの風が家を揺らす程の風が吹いています、クリスマスだということを思うと、何だか急に、寂しさが、去年のクリスマスは、コンビ二で、小さなワンホールのクリスマスケーキを独り占めをして、食べていました、しかし今日は、何もありません、これから吹雪の中、コンビニまで行くだけの勇気もありません。今日はぼっちのクリスマスにします。こうしてぼっちのクリスマスは5年になります、もう私達にはクリスマスは関係ないのです、子供も独立すると、クリスマスなど関係ないことなのです。ただの普通の一日にすぎないのです、後1週間で今度はお正月です、お正月は代々伝わる儀式の様な事があるので、することが有るのですが、今日は何もすることが有りません。借りる acマスター