夕焼けなどについて授業をしました。午前や夕刻には、日光の高度が少なく日射しがざっと真横からさしてきます。そのために、明かりが感を通って現れるあらましが長くなり、散乱しやすい青い明かりは眼に届かず、赤い明かりが大方眼に届くことになります。その結果、夕焼け(朝焼け)は赤く見える。次は、海についてだ。海水が青いのは、水が感のように青い明かりを散乱するのと、海中をすすむ明かりは、赤い明かりほど会得されやすいからだ。また、遠浅の海がエメラルドグリーンに見えるのは、明かりが海底の白い砂に反射するとき、赤い明かりが会得されているためです。海に数字mもぐると、赤い明かりは会得されて青や緑の明かりしか届いてないそうです。次は、音調についてだ。音調は、物質が振動すると音調が出ます。糸電話では、指でふれると糸が振動しているのがわかります。指で糸を押えると糸は動きせず、音調は伝わりません。夕焼けなどについて授業しましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.gay-czechrepublic.com/