株式について稽古しました。コーポレイトシステムが軍資金を調達するために発行する有価証券を株式といいます。有価証券は、債券や株式など収入権利を表した証書のことです。こういう株式は、その持主です株主のコーポレイトシステムに対する貸付人としての権を醸し出すものであり、第三者への譲り渡しも原則として権利だ。マーケットに上場されている株式の準備は、証券社をとおしてマーケットで行われます。そこで準備された単価が投機(市価)となります。株式の投機は、1株時分の市価で表され、これを証券会社では協定料金と効く、その予算を協定賃料といいます。株式の売り主と買い方は、あらかじめ定められた依頼手間賃を証券社に払います。株式に投資した稼ぎに対する通年配当コストのレートを、株式の金利といいます。配当コストは、社のマーケティング点数などによって変動するので、前期分の配当コストより後期分の配当コストを指し、これを合わせて当期分の配当コストとします。このため株式の金利は、債券の金利と異なり、あくまで目算だ。