ラーメンだと暑くなって汗をかくし、スープを平らげると肥満の元。つけ麺は太麺でラーメンよりも盛りの多いボリュームで、スープ割りまで平らげるとお腹がいっぱいで眠くなる。でも麺類が食べたいと思っていたところに「油麺」というジャンルに足を踏み入れてみました。家の近所の江川亭の油麺は600円。量は大盛り、特盛りなどがあり、値段も100円増しになるシステム。量的には並みで腹八分目で、さっぱりすぎない感じで「これでもOKか?」という印象。卓上の唐辛子を入れると辛くて、味を変えるには良い手段。次に訪れたのが麺や樽座。こちらではガッツ麺が500円。見た目はマヨネーズがかかっていて、しつこい印象を受けるも食べてみると魚介系のスープにからしマヨネーズが合います。卓上のスパイスで味を変えることが勿体ないくらいの味でした。こちらも腹八分目。最後の一店は、日野駅近くの麺りき。油麺が650円。3店の中で最も高いですが、量は一番多いです。卓上のニンニク、唐辛子を入れてジャンキーな味に仕上げることも可能です。3店舗の中で最もお腹いっぱいになりました。油そばというジャンルは一見、しつこい味のようなイメージを持ちますが、食べてみると意外にヘルシー。数値上でもラーメンよりもヘルシーのようです。しばらく、油そば巡りをしてみようかと思います。ベルタサプリ 販売