Month: 1月 2019

日本の人口はどんどんと減っていってしまいますが…

既に日本は高齢化が進んだ国となっていて、同時に少子化も進んでいますのでどんどんと人口が減っていこうかという局面を迎えています。

そしてまだ急速な人口減少とまでは言えないと思いますが、人口減少自体は始まっています。

同時に東京一極集中のように人口のアンバランスさが問題となっていたりしますので、日本の人口に関わる問題は何も少子高齢化の事に限った事ではありません。

そこで思ったのですが、これまで人口が増加した事で村や町が市になったり、市が政令指定都市になったりした訳ですが、逆に人口が減ってしまった場合にもそのシステムを維持し続けるのはどうなんでしょうか?

行政の事はあまりよく分からないので問題なのか問題じゃないかも分かりませんが、仮に人口5万人だから市になったのに人口が減ってしまって1万人を切ったなんて事になったのにそのままでいいっていうのはおかしいですよね。

それなら人口が少ない村や町が市になったっていい訳ですから。

人口が減っていくというのはこれまでと全く違う事が起きる訳ですし、経験した事のない事が色々と起きるのかもしれません。kireimo 料金

味気ない昼食とりながらアニメ「バナナフィッシュ」を視聴する

昨日の昼食はご飯に茄子とピーマンの味噌炒め、なますうりのおひたし、おくらとつるむらさきのおひたしをかけて食べました。
まったく味気ない昼食で、冷蔵庫に卵があればそれを調理して追加していたのですがなかったので残念です。
これだけではあまりにも味気ないと思ったので新たにコーヒーをホットでタンブラーに注いだり、お菓子箱から一口大のドーナツと甘納豆を食べました。
その食事は前日に録画しておいたアニメ「バナナフィッシュ」を視聴しながらとりましたが、その回はアッシュとエイジらは無事ゴルツォネの屋敷を抜け出してほっと一息ついたところです。
アッシュとエイジの交流は心温まるもので2人はずっとその調子でいてくれたらと思うのですがそうはいきません。
ゴルツォネらはアッシュたちを血眼で探し、アッシュも次の手を打ちます。
アッシュはゴルツォネに囲われていた時に彼の口座の暗証番号を記憶しておき、それを元に彼の組織の資金をごっそりいただいておりました。
そしてラストも不穏なものでとてものんびりしてられる状況ではなく次回どうなるのかとても楽しみでなりません。